このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

毛髪の構造・特性から毛髪ダメージとそれに対応するケア技術、ヘアケア製品開発のポイント、評価法までを評価機器(摩擦感テスター)での測定実演を交えて解説します。

毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法

毛髪の基本特性、官能評価・機器測定、処方設計のポイント【測定デモあり】

【日 程】

2016年11月10日(木) 13:00~17:00

【会 場】

 

 

テックデザイン会議室(サガ・フラット)(東京 門前仲町駅/茅場町駅)

⇓会場変更しました。

リファレンス西新宿 会議室(東京 新宿駅/西新宿駅)

【受講料】

29,980円(税込/テキスト付)

 

講師: 今村行政書士事務所 所長 化粧品薬事コンサルタント 今村 彰啓

経歴: 東京理科大学工学部工業化学科卒業、早稲田大学大学院商学研究科修了(MBA経営管理修士)。㈱コーセー勤務(化粧品の研究開発、商品企画、商品開発を担当)、日本ロレアル㈱勤務(化粧品の品質管理、生産技術、総括製造販売責任者を担当)、㈱ディーエイチシー勤務(化粧品の研究開発を担当)を経て、現在は、化粧品薬事コンサルタント、今村行政書士事務所所長として、化粧品薬事・開発コンサルティングを行う。

1.毛髪の構造と特性
 1)毛髪の構造
  ・キューティクル
  ・コルテックス
  ・メデュラ
 2)毛髪の特性
 3)毛髪の損傷とその原因
  ・物理的要因…シャンプー、ブラッシング
  ・環境的要因…紫外線、ドライヤーの熱、塩素
  ・化学的要因…パーマ、カラー

2.毛髪のケア
 1)損傷の改善
 2)毛髪ケア成分の解説
  ・カチオン活性剤
  ・カチオンポリマー
  ・シリコン
  ・その他

3.ヘアケア製品の開発のポイント
 1)シャンプー
 2)リンス
 3)ヘアトリートメント
 4)洗い流さないヘアトリートメント
 5)ヘアオイル
 6)育毛剤

4.ヘアケア製品の評価法
 1)引張り強度
 2)くし通り
 3)なめらかさ(平滑性)
 4)ハリコシ
 5)ツヤ
 6)まとまりやすさ(静電気防止)

5.評価機器(摩擦感テスター)の測定デモ
 カトーテック株式会社 奥居 幸市 氏 より、摩擦感テスターの測定方法、実演デモをご紹介いただきます。摩擦感テスターでは、摩擦係数、摩擦係数の変動のデータが得られます。これら特性値から手で触れた時の「なめらかさ」「滑りやすさ」を客観的なデータで評価し定量化ができます。

 

 

6.質疑応答

<習得知識>
1.毛髪の構造、特性に関する知識
2.ヘアケア製品の処方設計のポイント
3.ヘアケア製品の評価のポイント

<講義概要>
 毛髪は皮膚の付属器官であり、特殊な構造、特性を持っています。また、様々な要因によってダメージを受けやすく、その修復は困難です。本セミナーでは、これらの背景を基に、毛髪のケア、ヘアケア製品開発のポイント、ヘアケア製品評価法について概説します。また、評価機器(摩擦感テスター)の実演デモを行います。機器の紹介や測定方法、なめらかなサンプルやザラザラしたサンプルなどを実際に測定する予定です。ヘアケア製品の研究者にとって、ヘアケア製品開発のための一助になれば幸いです。

  • 講習会一覧(日付順) 受講のしおり 会場案内 お問い合わせ よくある質問
    INDEX
       
ページTOPへ