このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】既知事項をヒントにした特許出願戦略と強い特許の生み出し方 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

自社事業における要素技術が既知事項であったとしても、既知事項どうしの組合せでも新規な「発明」として特許権を取得することができる可能性があります。本講座では既知事項から特許化する考え方と強い特許について解説します。

【Webセミナー(Live配信)】
既知事項をヒントにした特許出願戦略と強い特許の生み出し方

【日 程】

2020年7月9日(木) 13:00~17:00
7/10~7/17までは録画配信

【会 場】

各自PC

【受講料】

31,000円(税込/テキスト付)

Webセミナーとは
◆パソコンやスマートフォンから受講できるサービスです!
Webブラウザだけで視聴できます(他のアプリ一切不要です)! 
◆もちろん質問も可能です!
聞き逃したときのための「録画配信」もあります!
 「東京への出張が難しい」
 「交通費がもったいない」
 「他の予定もあり、会社を抜けられない」
 「自席や自宅でリラックスして受講したい」といった方々にお勧めです。
   ※翌営業日中に視聴サイトのURLをメールでご連絡します
  ※録画配信は7日間、利用可能です
  ※編集作業の状況により、配信日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください
  ※弊社の営業日は、土日祝日以外となります

【お申込に際しのてのご案内】
◎申込期日:前日16時までとなります
◎視聴方法:メールでご連絡します
◎テキスト:PDFデータをWebサイトよりダウンロード


【お申込の前のお願い】
Webセミナーの詳細・注意事項・Q&Aは下記のページで説明しております。

お手数ですが、お申込の前にご確認ください。
・詳細と注意事項: 『テックデザインオンライン講座』 
・Q&A: 『よくあるご質問』 

講師: 山の手合同国際特許事務所 所長弁理士 北里大学大学院非常勤講師 廣田 浩一

経歴: 山梨大学 工学部 卒業。ヘキストジャパン株式会社(現;サノフィ株式会社)医薬総合研究所、福村国際特許事務所、太陽国際特許事務所を経て現職。日本知財学会、日本ライセンス協会などに所属。化学・バイオ知財判例年鑑2012~2019、裁判所による特許法解釈 などの著書がある。

1.「発明」とは何か
  ・「発明」は技術に関する物語(決して難しいものではない)

2.既知事項に基づく「発明」の発想と特許化
  ・丸太を角材に変更して特許可能?
  ・切り餅の周囲に溝を設けて特許可能?
  ・特許化に際して知っておくべき「発明」の新規性・進歩性の考え方
  ・既知事項をヒントにした特許化の事例
  ・既知事項をヒントにした特許化の発想法

3.競争優位のためのビジネスツールとしての特許
  ・他社ビジネスに影響を与える自社特許のあり方

4.強い特許とは何か
 ①広い特許・狭い特許と「強い特許」との関係
  ・特許取得が容易であること
  ・発明の新規性・進歩性が担保されていること
  ・明細書等の記載要件が担保されていること
  ・サポート要件、実施可能要件、明確性要件について
 ②権利活用が容易であること
  ・文言侵害・均等侵害の成立性
  ・均等侵害不成立のリスク
 ③侵害立証が容易であること
  ・明細書の記載と特許権者の責任リスク

/images/noimage.png

<習得知識>
 ・既知事項の組合せであっても特許化できることが理解できる
 ・競争優位を獲得するためのビジネスツールとしての特許の活用法が理解できる
 ・特許化の際に意識すべき強い特許とは何かが理解できる

<講義概要>
 自社事業の実施を確実にするためには、また、他社に対する競争優位を獲得するためには、特許権を取得することが望ましいといえます。
 自社事業について自社技術開発を行っていない等の場合、「発明」が生まれず、特許権の取得ができない訳ではありません。また、自社事業における要素技術が既知事項であったとしても、既知事項どうしの組合せでも新規な「発明」として特許権を取得することができる可能性があります。
 本講義では、既知事項に基づき新たな要素技術に係る「発明」を発想したり、既知事項の組合せに基づき新たなビジネスモデル(システム・装置・方法)に係る「発明」を発想し、特許化するための考え方を説明とします。また、その際に意識しておくべき、ビジネスツールとしての特許、強い特許とは何か、についても説明します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ