このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Zoomセミナー】食品開発におけるフレーバー(風味)と食品香料・調香技術【基礎編】 [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

【好評につき再開催!】食品香料はおいしさを感じるためだけでなく、商品を特徴づけるためにも重要な役割があります。食品開発に携わる方に向けて、アプリケーションを意識した実務的な食品香料の使い方を解説します。


【webセミナー(zoom)】
食品開発におけるフレーバー(風味)と
食品香料・調香技術【基礎編】

~アプリケーションを意識して~

【日 程】

2020年11月18日(水) 13:30~16:30

 

※このセミナーの復習動画配信はありません

【会 場】

各自PC(オンラインでの受講となります)

【受講料】

23,000円(税込/テキスト・書籍付)

 

※基礎編・応用編 2講座両方お申込みで1名 合計42,000円(税込/テキスト・書籍付)
↓応用編のお申込みはこちらから↓
https://www.tech-d.jp/seminar/show/5027

【テキスト】

PDFデータをダウンロード



【Zoomセミナーとは】

◆Web会議ツールの「Zoom」を利用したオンライン講座です!
 「東京への出張が難しい」
 「交通費がもったいない」
 「他の予定もあり、会社を抜けられない」
 「自席や自宅でリラックスして受講したい」といった方々にお勧めです。

 

【お申込に際してのご案内】
◎申込期日:前日16時までとなります
◎視聴方法:会議室URLなどはメールでご連絡します
◎テキスト:PDFデータを弊社Webサイトよりダウンロード
◎本講座は復習動画の配信をいたしません

 


【お申込の前のお願い】
ご使用のPC・通信回線にセキュリティなどの制限がある場合、Zoomを利用できない場合があります。事前に下記のサイトにて、Zoomの接続・利用についてご確認ください。
・テスト画面: 『Zoomをテストする

 

講師:フレーバートライアングル 代表/フレーバー・フレグランス協会執行理事
   佐無田 靖
   [(元)曽田香料株式会社  フレーバー開発部長・研究企画管理部長]

経歴:1979年 東京農業大学農学部農芸化学科卒業,1979年 曽田香料株式会社入社。同社にてフレーバー研究部長、フレーバー製品海外開拓部部長、研究企画管理部長、フレーバー開発部長を歴任。2013〜2017年 日本香料協会編集事業委員、2017年〜(一般社団法人)フレーバー・フレグランス協会業務執行理事、2017年 フレーバー・トライアングル(コンサルタント業)起業

Ⅰ.フレーバー(風味)とは
 1.おいしさ
 2.味と香り
  a.味の認識
  b.香りの認識
 3.オルトネーザルアロマとレトロネーザルアロマ

Ⅱ.香料概論
 1.フレーバーとフレグランス
 2.香料の組み立てと原料

Ⅲ.食品香料と調香
 1.日本における食品香料
 2.食品香料の使用目的と用途
 3.食品香料の素材(原料)
 4.フレーバーの調香(フレーバークリエーション)
  a.食品の成分組成
  b.アロマプロファイル
  c.強さと割合

Ⅳ.食品香料を使用する上のQ&A

/images/noimage.png

<講義概要>
 食品香料はおいしさを感じるためだけでなく、商品を特徴づけるためにも重要な役割があります。しかし、食品香料について学ぶ機会は多くなく、調香を行うフレーバリスト(Flavorist)が、どのような考えで、どのようにして香りを創造しているかについては一般にあまり知られていません。
 本講座は、香料会社で長年の経験を持つ講師が、食品開発に携わる方に向けて、アプリケーションを意識した実務的な食品香料の使い方を解説します。基礎編では、香り・味・テクスチャが関連する複雑な感覚情報としてのフレーバー(風味)と食品香料の基礎、目的に応じた香料の選び方について解説します。応用編では、食品開発においてフレーバーリストがどのようにフレーバー(食品香料)を創作しているかを解説し、アプリケーションを意識したフレーバリング、食品香料の使い方を学んでいただきます。基礎編・応用編ともにQ&Aの時間を設け、事前・当日の質問にお答えします。ぜひご参加ください。

☆パワーポイントの他、講師共著「エッセンス!フレーバー・フレグランス〜化学で読みとく香りの世界〜」三共出版を配付(郵送)します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ