このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】知財担当者のためのコミュニケーションスキル [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

この講座は『萬秀憲の本当に役立つ知財セミナー【全12回】』の第11回となります。※セットで受講すると効果的な知財学習が期待できます(受講料もお得です!) 
「伝えたいことを理解してもらうこと」「知りたいことを話してもらうこと」は意外に大変です。業務が異なれば、なおさらです。本講座では、『発信スキル』と『傾聴スキル』を踏まえ、知財業務で役立つコミュニケーション技術をシーン別に解説します。


知財担当者のためのコミュニケーションスキル

~経営層・技術者・特許事務所・他社・大学との円滑なやりとりの勘所・注意点~

【日 程】

2021年11月9日(火) 14:00~17:00

【会 場】

当社Webサイトから配信(Webセミナー)

【受講料】

22,000円(税込/テキスト付)

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:あり

 

※見逃・復習用として、配信動画の録画をご視聴いただけます
※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です



                               本セミナーはストリーミング配信(Vimeoを利用します。
                               お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                      ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                               
                              https://tech-d.jp/column/about/


                      お申し込みは上段の赤色【お申込み】ボタンからお願いします。

講師: 萬 秀憲
   よろず知財戦略コンサルティング 代表、医学博士(元 大王製紙株式会社 知的財産部長)
   医学博士

経歴: 花王(株)にて商品開発研究に従事(入浴剤バブ等を開発)、東京研究所室長、栃木研究所室長を務める。1999年 大王製紙(株)入社、 家庭紙開発部長、2005年よりH&PC事業部知的財産部長、執行役員、参与を歴任し2020年1月に退職。大王製(株)に入社当初は年間35件の特許出願数だったのを、様々な施策を行い、入社1年目には52件、2年目には116件、3年目には186件、4年目には282件、5年目には335件まで大幅に増やし、特許登録件数も年間300件以上となった活動を主導した実績がある。

1.コミュニケーションスキルの基礎
 (1)コミュニケーションスキルとは?
 (2)自分の言葉で相手に伝わるように話す発信スキル
 (3)相手の話をしっかりと聴き、正しく理解する傾聴スキル

2.発明発掘・特許出願に必要なコミュニケーションスキル
 (1)発明者からのヒアリング
   ①製品・サービスの課題と解決手段、作用効果の把握
   ②先行技術との差別化部分の確認
   ③発明の本質を把握とクレームとして権利化できる部分の発掘
 (2)発明提案書の作成
   ①事業的価値の評価
   ②技術的価値の評価
   ③特許的価値の評価
   ④他社牽制効果の評価
   ⑤出願、秘匿の決定
   ⑥外国出願の検討
 (3)特許出願
   ①特許事務所への依頼
   ②特許明細書案の検討、ブラッシュアップ
   ③出願の決定 
 (4)発明発掘・特許出願に必要なコミュニケーションスキル

3.権利化に必要なコミュニケーションスキル
 (1)拒絶理由通知の評価と拒絶理由通知への対応
 (2)中間処理時における価値評価
 (3)対応の判断
 (4)権利化に必要なコミュニケーションスキル

4.IPランドスケープに必要なコミュニケーションスキル
 (1)IPランドスケープ
 (2)IPランドスケープの進め方
 (3)IPランドスケープで必要なコミュニケーションスキル

5.大学・他社との共同開発に必要なコミュニケーションスキル
 (1)オープン&クローズ戦略
 (2)大学・他社との共同開発の進め方
 (3)大学・他社との共同開発に必要なコミュニケーションスキル

/images/noimage.png

<講義概要>
 知的財産活動は、研究開発に貢献すること、そして事業に貢献すること、さらに上流の経営(企画)に貢献することが求められてきています。その期待に応えるためには、優れたコミュニケーションスキルが欠かせません。
 まず、出願権利化業務では、知財担当者は発明者と特許事務所の間に立って出願業務を潤滑に進める橋渡しとしての役割も担っており、発明者の意図をくみ取りながら、どのような形で進めれば事業に貢献する権利を取得することができるかといった調整が必要です。
また、知財を経営に生かすには、IPランドスケープなどを用いて経営層に提案し、理解してもらわなければなりません。
更に、オープンイノベーションの推進においても、外部の企業や大学などとの共同開発に関して知財担当者は深く関わる必要があります。
 本セミナーでは、コミュニケーションスキルの基礎を固めた上で、様々な業務の知的財産活動で必要となるコミュニケーションスキルについて解説します。



  • facebook

  • 食添素材ナビ
       
ページTOPへ