このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 演習で学ぶ先行技術・特許権侵害予防の調査の基本とポイント [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

知財の初心者はもちろん、『自社の新規性を証明したい』『他者の特許権を侵害しないように気を付けたい』と思いつつ、公開情報の調査方法がわからない技術者も! 新入社員でもベテランでも役に立つ検索・調査のコツが、演習で体感的に身につきます。


無料WEBデータベースを使いこなし、新規性確保と権利侵害予防に役立てる!
演習で学ぶ先行技術・特許権侵害予防の調査の基本とポイント

【日 程】

2022年11月7日(月) 14:00~16:30

【会 場】

Zoom配信(Webセミナー)

【受講料】

早期申込割引を実施しています。

 

通常    :22,000円(税込/テキスト付)

 

早期申込割引:17,600円(税込/テキスト付)

 

※9/7(水)までにお申込みいただいた方が対象です

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:あり

 

※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です。



                          本セミナーは「Zoom」を利用します。
                          お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください
                                ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。
                              

講師: 明立特許事務所 所長  深澤 潔

経歴:大手重工業会社にて宇宙機器の開発に従事。技術士(航空宇宙)を取得。国際特許事務所に入所後は特許を中心とした知財の取り扱い業務に従事。弁理士取得。明立特許事務所設立後、特定侵害訴訟代理業務付記、さらに中小企業診断士資格も取得。発明の深堀により発明者も気が付かなかった発明活用をともに見つけて企業のサステナブルな成長のご支援をしている。著書に『初心者でもわかる知的財産権のビジネス戦略 競争力の源泉を創る知財活用法(ごきげんビジネス出版)』

  
        ※  演習時に画面共有をお願いする可能性がございます。ご了承ください


Ⅰ.特許調査の基礎

 1.公開特許公報
  ・公開特許公報の構成
  ・公開特許公報の使い方
 2.特許公報
  ・公開特許公報との違い
  ・特許公報の使い方
 3.特許情報プラットフォームとは何か
  ・特許情報プラットフォームの構成
 4.特許情報の検索ポイント
  ・テキスト検索
  ・特許分類検索
  【演習】特許情報検索

Ⅱ.先行技術調査
 1.先行技術調査の考え方
  ・先行技術調査とは
 2.先行技術調査の進め方
  ・新規性調査の場合
  ・現状調査の場合
  【演習】先行技術調査

Ⅲ.侵害予防調査
 1.侵害予防調査の考え方
  ・特許権侵害とは
  ・先行技術調査との違い
 2.侵害予防調査の進め方
  ・実施行為の特定
  ・権利範囲の特定
  【演習】侵害予防調査

Ⅳ.まとめ

/images/noimage.png

<本講座での習得事項>
 ・無料利用可能な特許情報データベースである《特許情報プラットフォーム》の基本的な
  使用方法
 ・先行技術調査の『目的』や『意義』についての理解
 ・特許権侵害の予防のための考え方

<講義概要>
 特許権を取得するためには、発明が先行する技術と異なるだけでなく先行技術同士の組み合わせが容易ではないことが求められます。一方、他社の特許権を侵害すると差止や損害賠償請求されるおそれがあるため、事業を進めるにあたって他社の権利を侵害しないようにする必要があります。先行技術との違いを検討するには、また、どんな既存の特許権があるのか、といったことを知るためには特許調査を行う必要があります。
 本講座では特許調査のうち、特に前述に関連した先行技術調査及び侵害予防調査について解説いたします。講義だけでなく特許情報プラットフォームを実際に使った簡単な調査演習も行いますので、これらを通して日々の業務に生かすきっかけとしていただければと思います。


                           >
ご受講の流れ
   お支払方法   アーカイブ配信



  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ