このサイトではJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからお使いください。 【Webセミナー】特許出願の数と質の向上につながる発明発掘ノウハウ [講習会詳細] | テックデザイン
FAXでのお申し込みはこちらから

視点や質問のコツ等の発明発掘ノウハウ、発明発掘が上手くいかない阻害要因の克服法、更には発明発掘業務の組織化・体制づくりまで、講師の十数年にわたるトライ&エラーの経験および成功事例を踏まえて解説する。


特許出願の数と質の向上につながる発明発掘ノウハウ

【日 程】

2023年4月19日(水) 13:30~16:30

【会 場】

当社Webサイトから配信(Webセミナー)

【受講料】

早期申込割引を実施しています

 

通常    :22,000円(税込/テキスト付)

 

早期申込割引:17,600円(税込/テキスト付)

 

※2/19(日)までにお申込みいただいた方が対象です

【テキスト】

PDFデータのダウンロード

【備 考】

アーカイブ配信:あり

 

※当日ご都合が合わなくても、録画のみのご受講も可能です。



                           本セミナーはストリーミング配信(Vimeoを利用します。
                           お申込に際してはTech Design Annexにて詳細をご確認ください。
                                 ※Tech Design Annexは株式会社テックデザインが運営する総合情報サイトです。

講師: よろず知財戦略コンサルティング 代表、医学博士 萬 秀憲

経歴: 花王(株)にて商品開発研究に従事(入浴剤バブ等を開発)、東京研究所室長、栃木研究所室長など。1999年 大王製紙(株)入社 家庭紙開発部長、2005年 H&PC事業部知的財産部長、2013年 執行役員、 2018年より現職。大王製紙㈱に入社当初は年間10件程度の特許出願数だったのを、様々な施策を行い、現在では年間300件以上の特許登録を主導し、「特許利用制度上位企業」の103位(2017年度)にランクされるまでに増やした実績がある。

1.良い発明とは?
 1)発明
 2)特許される発明
 3)質の高い発明
 4)良い発明

2.質の高い発明を発掘する方法
 1)技術開発を行っていれば必ず発明は生まれている
 2)発明者がなぜ自らの発明に気づかないのか?
 3)発明発掘を阻害している要因とその克服法
  ・新規性、進歩性についての誤った考え方
  ・自社だけに通用する「技術用語」
  ・採用されなかった技術には見向きもしない
  ・自社の製品・製造方法・設備に縛られる
  ・発明者が先行技術をよく知らない
  ・発明者が開発者目線でしか技術を見ていない
  ・発明者がユーザー視点で技術をみていない
 4)発明発掘のノウハウ
  ・発明は「課題」「作用効果」「構成」がセット
  ・構成の微差があれば、「課題」「作用効果」の違いが重要
  ・上位概念化と下位概念化
  ・発明は陣取り合戦
  ・発明の発掘は、実は発明の創造

3.開発業務に直結した、事業に直結した戦略的な発明発掘活動
 1)事業に直結する
 2)開発業務に直結する
 3)組織体制
 4)活動内容

/images/noimage.png

【習得できること】
 ●知財部員やリエゾンマンが「こう考えれば良かったのか」と発明の発掘の仕方が習得
  できます。
 ●特許出願の数を大幅に増加させ、特許の質を大幅に向上させるためのヒントが
   得られます。
 ●発明の発掘を上手く行うための発明発掘業務の組織化、体制づくりのノウハウを
   修得できます。
 ●開発業務に直結した、事業に直結した、戦略的な特許発掘活動のヒントが得られます。

【講義概要】
 多くの「発明」が通常の業務の中に潜んでいます。その「発明」に気づくには、知っているようで実は理解できてないことがあります。
 本講習会では、「発明」に気付き、活用することができるように、まず、質の高い良い「発明」とは何かということを学びます。次に、どうして発明の発掘が上手くいかないのか、発明の発掘を阻害している要因を明らかにし、その克服法を説明します。そのうえで、発明発掘のノウハウを具体的に説明します。いずれも、講師の実務経験を踏まえた事例を交えます。
 発明の発掘が上手くできていないと感じている知財部員やリエゾンマンが「こう考えれば良かったのか」と発明の発掘の仕方が理解でき、特許出願の数を大幅に増加させ、特許の質を大幅に向上させるためのヒントが得られます。
 また、開発の初期段階から生産に至るまでの各ステップで、どのような組織体制でどのような活動をすべきか、技術者が製品開発に伴って日々の特許関連業務をいかに行うべきかを説明します。


                           >
ご受講の流れ
   お支払方法  アーカイブ配信



  • facebook

  • 食添素材ナビ


                 
ページTOPへ